Ojutai’s diary

ただのメモ MtG Hearthstone

【MtG】青白フラッシュについて

カラデシュ環境ももうすぐ終わりですが、先日PPTQを抜けることができた

青白フラッシュについて自分が思うことを書いていきたいと思います。

(追記:GPTも優勝しました)

 

デッキ名に”フラッシュ”という上手ぶりっぽい単語が入っていますが、デッキの本質はマナを構えるデッキではなくマナカーブ通りに強いカードを叩きつけるアブザンアグロのようなデッキです。

管理人→アナフェンザ→包囲サイがコプター→反射→ギデオンになったような感じです。

 

f:id:Ojutai:20161223131341j:plain

 

デッキリストは参考にしているTwitch配信者のAntzzzonalogさんのリストとほぼ同じものを使っています。

変更点は永遠の見守り→サリアとサイドの3マナ確定カウンターを呪文萎れの3枚目にしているところです。

永遠の見守りは状況を選ぶカードであることや、自分の浅いプレイングだと目先の11交換を取れるカードに釣られてコプターのディスカードで捨てる機会が多かったことから上手く使えてないと判断してサリアに変えました。サリアも正直めちゃくちゃ強いわけではなくどちらがいいかは正直わからないです。

3マナカウンターは3ターン目に青青が出るマナベースではないので呪文萎れにしました。

 

メインボードの否認は少し珍しいですが、よく青白フラッシュで使われている革命的拒絶はかなり状況を選ぶカードであり、否認の方がずっと強いカードなので妥当な選択だと思っています。サイドアウトするマッチアップは多いですが、メインボード戦で腐って打てないということも少ないカードです。マルドゥ機体の無許可の分解、ミラーのギデオン、霊気池の霊気池など打ちたいカードは割と多いです。

 

他にはウェストベイルが2枚入っているのはかなり珍しいですが、デッキで唯一のマナシンクであり、後述するようにこのデッキは勝ち筋が少ないデッキなので強引に勝ち筋を増やすことができます。緑黒昂揚、赤緑霊気池はオーメンダールを処理することができないのでゲームがぐだってしまった時も有効な勝ち手段となり得ます。スレイベンおばさんやギデオンのトークンとの相性も良く、オーメンダールで勝つゲームは思ったよりもずっと多いです。

 

サイドボードはギセラを取っていないこと以外はかなり一般的なものになっています。

ギセラはマルドゥ機体やミラーのようなギデオンが生き残りにくい(出しにくい)マッチアップでサイドインするカードですが、マルドゥ機体に対しては相手の蓄霊稲妻、無許可の分解でテンポロスしながら即死するのがやばいです。無私の霊魂でギセラを守って勝つプランは、机上論だと強そうですが、相手の序盤のクロックが重すぎて霊魂を序盤のブロッカーとして使わなければいけないことも多くなかなか上手くいきません。ミラーでもギセラは反射魔道士やスカイソブリンに弱く、生き残ると勝ちに繋がるギデオンより優れたカードとはとても思えません。

 

・デッキの長所

機体アグロがコプターを一番強く使えるデッキならば、このデッキはスタンダード最強プレインズウォーカーのギデオンを一番強く使えるデッキです。呪文捕らえと反射魔道士はギデオンを出すための場を作るのに優秀なカードであり、前述したコプター→反射→ギデオンのような動きはしばしばイージーウィンになります。友好2色のマナベースはミシュラランドを取れず、SOIランドが弱いので強いマナベースとは言えませんが、1マナから5マナまでアンタップインで入れ続けるには適しているのでタップインでドブンを阻害しにくいという利点はあります。

また、メインデッキから呪文捕らえを使えて、サイドボードからカウンターを増やせることで霊気池やパンハモニコンといったコンボデッキに有利がつき、アグロデッキの敵であるイシュカナに対しても耐性を持ちます。

 

・デッキの短所

まず、最序盤の弱さが挙げられます。2マナにブロックに適したクリーチャーがいないことや、闇の掌握や蓄霊稲妻のような2マナの優秀な除去がないので速いデッキの1マナ→コプターのような動きや緑黒昂揚の先攻2ターン目剥ぎ取りなどが非常に厳しいです。

フラッド耐性が無いのもこのデッキの大きな欠点といえます。デッキ内にウェストベイル以外のマナシンクが存在せず、色の関係上ミシュラランドも取れません。デッキのやりたいこととしては7並べしてテンポで押し潰すデッキなのでそれで決めきれれば問題無いのですが、デッキは低めのマナカーブで構成されているため長引くとどんどんフラッドが顕著になります。コプターはフラッド解消に非常に優秀なのですが、スタンダードを定義するカードの1枚であり強く意識されているので簡単に何度もルーターをさせてもらえません。

また、デッキの勝ち筋をほぼギデオンに頼っているのもこのデッキの弱みです。他のトップTierデッキと比較すると、マルドゥ機体のように序盤から凄まじいクロックを用意することもできなければ、緑黒昂揚や霊気池のように出したら勝ちに近いエムラクールのようなフィニッシャーもいません。無私の霊魂、反射魔道士、呪文捕らえは強いカードですが単体で勝つカードではなく、アヴァシンも除去1枚で簡単に除去されてしまうのでギデオンでスノーボールしていくのが主な勝ち筋となります。(コプターが強すぎてスレイベンおばさんからのコプターでそのまま勝つことも結構ありますが・・・)

 

フラッド耐性の無さと、勝ち筋の細さは大きな問題であり、青白フラッシュは以前のスタンダードで活躍した、4cラリー、緑白トークン、バントカンパニーのような本当に強いデッキではないと感じます。プロでこのデッキの評価が高くない人も多く、海外の記事で青白フラッシュは良いデッキではないと書かれた記事もいくつか読みました。実際に先週行われたSCGプレイヤーズチャンピオンシップでは16人のプレイヤーは誰も青白フラッシュを持ち込みませんでした。

 

 

サイドボード

サイドボードプランについてもAntzzzonalogさんが自身のTwitchのページに詳細を書いてくれていたのですが、もう消えてしまっているようなので手元に残っているメモから簡単に訳したものをベースに書いていきます。InOutについては自分で回していて少し変更を加えた部分もあります。先手後手や相手のサイドボード後に見えたカードによって細かく変えたりはします。

 

 

VS緑黒昂揚 五分

Out 無私の霊魂4 アヴァシン1 否認1 サリア1

In 呪文萎れ3 ジェイス2 石の宣告1 燻蒸1

 

(ここから翻訳)

 

青白フラッシュが緑黒昂揚に負けるパターンとしては序盤の剥ぎ取りでスノーボールされる、リリアナに対して圧力をかけられず奥義までいかれる、エムラクールでリソースをずたずたにされる、などが考えられます。

緑黒昂揚は青白に有利なように思えますが、青白には緑黒昂揚の勝ち筋を消すたくさんの武器があります。ゲームの早い段階では青白側は反射魔道士と停滞の罠によって剥ぎ取りとトラッカーをボードから消す必要があります。この序盤のステージを超えた後の剥ぎ取りは、ギデオンでブロッカーを用意したり、アヴァシンを構えられることによってかなり弱いカードになっています。中盤のゲームでは緑黒昂揚のイシュカナVS青白のギデオンのような展開になります。ここではただトークンを出すのではなく、ギデオンを+1してダメージを入れたり蜘蛛トークンを倒すことが重要です。一度攻撃した後のギデオンのエンブレムは青白側に大きなアドバンテージをもたらします。ゲーム終盤では緑黒昂揚はエムラクールを唱えてきます。エムラクールに対しては停滞の罠が良い回答になり、またコプターでウェストベイルを積極的に探しにいくのも有効です。このマッチアップでの鍵は今どのステージを戦っているのか、どちらのプレイヤーがオフェンスでどちらのプレイヤーがディフェンスなのかを認識することです。相手のイシュカナが解決された後も、こちらがギデオンのためにゲームを遅くするようなこともしばしばあります。青白側はウェストベイルによりレイトゲームの強さは保証されているので、ダメージを入れるためにひどいアタックをする必要はありません。ただ冷静にコントロールゲームをするだけで勝利は十分見えてきます。機体や赤黒アグロが青白の70点くらいの引きをぶん回りで轢き殺すことができるのとは違い、緑黒昂揚は青白のまあまあの引きを咎められるほど速くないので、私はこのマッチアップは青白が有利だと思っています。緑黒昂揚の序盤のアグレッシブな動きは反射で凌ぐことが可能で、そのあとプレイスキルのゲームに持っていく十分な時間を得ることができます。

 

このマッチアップにおけるテクニックを紹介します。

・剥ぎ取りが殴ってきて、こちらの場にスレイベンおばさんがいる時で、かつコプターを持っていないorコプター+乗れるクリーチャーを持っている時には墓地を肥やすのを防ぐためにスレイベンおばさんで剥ぎ取りをチャンプブロックする価値があります。

・リリアナにプレッシャーをかけるためにもコプターをグラスプに突っ込ませないようにしましょう。呪文捕らえを構えながら殴れるタイミングが来るはずです。

・緑黒昂揚がエムラクールを出してきそうならば、コプターをイシュカナにチャンプアタックさせることで、エムラクールに操られた時に手札のベストカードをディスカードさせられるのを防ぐ価値は十分にあります。停滞の罠をエムラクールのために温存するのも大事なプレイです。なるべく序盤の剥ぎ取りやトラッカーには使わないようにしたいです。

・エムラクールのターンに備えてギデオンの忠誠度を4ではなく5にしておくと、エムラクールに操られても緑黒側はギデオンを落とすことができません。また、コプターで2枚目のギデオンを捨てておくことでレジェンダリールールによりギデオンを消されるのを対策するのも重要です。

・エムラクールで場を崩壊させられないようにウェストベイルのマナは立てておきましょう。青白はエムラクールに対する回答は5枚ありますが、緑黒側は闇の掌握を2枚重ねるしかオーメンダールを倒す方法がありません。

 

(ここまで翻訳)

 

実際にAntzzzonalogさんが書いてあるほど青白が有利なマッチアップでは無いと思いますが、自分もMOとPPTQでの緑黒昂揚への勝率は悪くないので苦手意識も無いです。ただプロプレイヤーは緑黒昂揚が有利と言っている人が多く、緑黒昂揚を使ってSCGOPを優勝したブラッドネルソンが記事で書いていた、上手い緑黒昂揚は青白に有利というのが正しい気がします。

 

 

VS赤緑霊気池 有利

Outアヴァシン1 石の宣告1 無私の霊魂2 反射魔道士1

In 呪文萎れ3 儀礼的拒否1 断片化1

 

(ここから翻訳)

 

これも青白フラッシュに有利なマッチアップです。霊気池側のサイドボードプランは様々なので相手の取ってくる戦略に合わせて柔軟にサイドボードする必要があります。霊気池を抜いてしまうようなサイドボードをする相手もいます。相手がトラッカーを入れてくるならば反射魔道士は必要悪で4枚残してもいいかもしれません。もし相手が霊気池をサイドボード後も全て残しているのならば追加の断片化をサイドインするのは問題ありません。もし相手にトラッカーが見えなかったから反射魔道士を抜きましょう。相手に追加のプレインズウォーカーが見えるようであれば、こちらも断片化を抜いてジェイスを入れましょう。チャンドラはこちらの場にギデオンがいない時に最も脅威となるカードの一つです。多くの青白プレイヤーは霊気池を相手にすると、ギデオンをタップアウトで出すよりも呪文捕らえを構える選択を取りがちです。私はこれが間違いであると思っています。赤緑霊気池には1ゲーム目ではカウンターできないイシュカナが入っているので、イシュカナと戦うためにもギデオンを解決することはとても重要です。ギデオンは13/13を出すかわりに2/2を出す青白のミニ霊気池です。私はしばしば、相手にエネルギーが6個溜まっていて、こちらは呪文捕らえを守れる無私の霊魂を持っていてもギデオンをタップアウトして出します。このマッチアップは勝利への道が複数ある、最もフレキシブルなマッチアップの一つです。序盤のプレッシャーは重要ですが、コプターを蓄霊稲妻やヴァラクートの涙につっこませる必要はありません。霊気池やチャンドラをタップアウトで出したタイミングでこちらもコプターを動かしましょう。コプターへの除去を呪文捕らえするのは悪くないですが、自分のターンにタップアウトすると霊気池の致命的な4マナの脅威が通ってしまうことは確認しておきましょう。

 

このマッチアップにおけるテクニックを紹介します。

・緑黒昂揚の時と同様にエムラクールに備えましょう。停滞の罠を温存したいのでトラッカーを反射魔道士でバウンスするのは素晴らしいアクションです。

・4ターン目にギデオンを出すためにタップアウトすることを恐れないようにしましょう。サイドボード後で大量のカウンターを構えられる状況でなければ、まずギデオンを解決してその後で呪文捕らえを構える選択が優ることが多いです。

・エムラクールが出てきやすいデッキなので、イシュカナには有効なカードではありますが石の宣告はサイドアウトします。

・序盤のチャンドラにプレッシャーをかけられるようにしておきましょう。

 

(ここまで翻訳)

 

青白フラッシュを使う大きな理由の一つが霊気池が増えてきたことです。

青白フラッシュはエムラクールのマインドスレーバー能力に対してある程度の耐性を持っていることと、ギデオンが基本的に対処不能なパーマネントなことがマッチアップの相性の良さに繋がっています。最近は同型を意識してメインボードにウラモグを取った霊気池も増えているのが青白側としても怖いです。

 

 

VSミラーマッチ

Out 無私の霊魂2 石の宣告1 反射魔道士2 否認1

In 呪文萎れ2 スカイソブリン1 断片化3

 

(ここから翻訳)

 

序盤のボードの優位を取ることがとても重要なマッチアップです。どちらかのプレイヤーが3マナに到達した後は呪文捕らえのせいで5マナのアヴァシンまでお互いにスペルを唱えられなくなることもよくあります。これが3マナまでにボードを作ることがとても重要である理由です。もし後攻であれば1マナ、2マナのアクションがないハンドはたとえ呪文捕らえが2枚あったとしてもマリガンすべきです。このマッチは先にライフが10を切るとかなり不利になってしまうようなテンポレースになることも多いです。これを意識してこちらのライフを高く保ちながら相手を復帰不可能な状況に追い込みましょう。ギデオンのエンブレムはコプター同士のコンバットや呪文捕らえで相手のコプターを倒せるようになるなどの効果があり、勝ち手段の一つになります。私はこのマッチアップで遅いプランを取ることは少なく、なるべく速く相手を倒すようにしています。相手のカード次第でサイドボード後に否認や反射魔道士をフルで残すのもありです。もし相手がサリアや無私の霊魂などの、バウンスして嬉しいターゲットを残していないようであれば反射魔道士を更に削ってもいいでしょう。

 

このマッチアップにおけるテクニックを紹介します。

・無私の霊魂は12枚のカードにより一方的にブロックされてしまい、停滞の罠からクリーチャーを守ることもできないのであまり強いカードではありません。

・このマッチアップでは相手の手札を予測するチャンスがたくさんあります。相手のプレイをよく観察して相手が何を持っているかを考えるようにしましょう。特定のカードを持っていると予測したならば、1ターンだけそのカードをケアするのではなくゲーム全体を通してそのカードを倒せるような戦略を考えましょう。

・コプター+ギデオンのエンブレムは相手のギデオンを倒せるのでこのアクションが取れるときは相手のギデオンに恐れずに積極的にタップアウトすることが可能になります。

 

(ここまで翻訳)

 

自分はカラデシュ環境で青白フラッシュを一番使って、ミラーマッチもたくさんやりましたが未だにミラーが好きではないです。勝率が悪いわけではないのですが、2ターン目にコプターを置けるかどうかでその時点で割と大きな優劣がついてしまい、デッキの構造上マウントゲーを返しづらいです。ただ、中盤難しいゲームになった時に上手いプレイヤー相手に自滅してしまうこともあり、プレイスキルを鍛えなければいけないと反省することも多かったです。いつの時代もミラーは難しいですね。

 

 

VSマルドゥ機体 微不利

Out 呪文捕らえ4 石の宣告1 アヴァシン1 ギデオン1

In 神聖な協力1 断片化3 リンヴァーラ1 燻蒸2

 

(ここから翻訳)

 

無許可の分解は青白にとって悪夢のようなカードです。マルドゥ機体はマナ効率の良いトレードに長けていて、青白フラッシュは苦戦を強いられます。それでも私は青白フラッシュが少し有利だと思っていますが55-60%程度の勝率しか出せず、ワーストマッチアップなのは確かです。

 

(ここまで翻訳)

 

さすがに自分はこのマッチアップを青白有利とは言えません。相手のロケットスタートを止める手段を持たず、アヴァシンを出す頃には盤面だけで詰んでることもよくあります。

先攻模範的な作り手からコプター出されると温厚な僕でも手が出てしまいます。

ただ、青白側も相手のぬるいキープを咎められるデッキではあるのでサイドボードと合わせて全然勝てるマッチアップだとは思っています。実際にPPTQ抜けたときもマルドゥ機体と5回当たって4-1でした。サイドボード後はこちらに分があるゲームになるかと思いきや、3ターン目荷馬車からの4ターン目スカイソブリンみたいな目ん玉飛び出るような動きをしてくることもあってなかなか厳しいです。

アグロデッキではマルドゥ機体が一番多いのでそれだけ載せましたが、赤白機体、赤黒マッドネスにも同じようなサイドボードをします。赤黒マッドネスはドブンがマルドゥのものと比べるとかなり弱く、比較的戦いやすいので青白有利と言ってもいいと思います。

 

 

 

めちゃくちゃ長くなってしまいましたが、翻訳と合わせて自分が青白フラッシュについて思うことを一通り書けた気がします。何かありましたらコメントください。